FC2ブログ

スットコ大戦

オンラインゲーム・様々な出来事への個人的な意見等

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

サッカーW杯の楽しみが・・・

ベスト4を懸けて激戦が続くサッカーW杯。
今回の目玉は、やはり開催国ブラジルが絶好調である事です。
中でも、エースであるネイマール選手の天才的プレイは普段サッカーを観ない人でも価値があるのもです。

が、今日のコロンビア戦でそれが消え去りました。
負けがほぼ確定したコロンビアの選手が、あろう事かネイマールの背中に向かってジャンピングニー。
結果、腰椎骨折で欠場となってしまいました。

前試合でも、ありえないほどのエグイタックルをぶちかまされたり(ネイマール1回転してたし・・・)執拗な「潰し」が連発していました。
が、審判はレッドカードを切らず。
日本では考えられない事ですが、FIFAでは「カードを出して試合を中断させる審判は無能」とされているようです。

これに対し、真っ向から立ち向かったのが開幕初戦の主審を務めた西村氏。
彼はどんな小さなファウルすら許さず、きっちりカードも切っていました。
まあおかげで叩かれまくり、帰国する際には負けた国のサポーターに拉致されかけますが、それを予想していたブラジルの護衛部隊のおかげで無事に帰国しましたけどね。

試合の流れを止めるからとファウルをスルーするのはフェアではない。
まさに武士道ですね。
日本も敗退はしましたが、サポーターは会場を清掃して帰ってゆき、選手達もラフプレイはほとんどなくもつれあってもオーバーリアクションで相手のファウルを誘うと言う事はしませんでした。
「W杯史上最弱のチーム」と呼ばれましたが、こういう精神は誇りに思います。

今回の悲劇の責任は、ファウルをスルーさせまくったFIFAにあります。
それまでにも、過激なタックル・噛みつき・サポーターによるレーザーポインタでの相手選手の目潰し等、全て処罰は与えていません。
FIFAが考えを改めないと、W杯は廃れていくかもですねぇ・・・

ネイマールも心配ですが、何よりジャンピングニーをぶちかましたコロンビアの選手。
早いとこ荷物をまとめて帰国しないと、本気で命がヤバイかと・・・
ネイマールを「天才」と絶賛しているメッシとの対決、見たかったなぁTT
スポンサーサイト
  1. 2014/07/05(土) 11:08:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ガールズ&パンツァー | ホーム | 3周年記念アイテムねぇ・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://atutama01.blog.fc2.com/tb.php/239-1d83c1e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。