スットコ大戦

オンラインゲーム・様々な出来事への個人的な意見等

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

やっとか・・・

このところ反日による、中国や韓国からの嫌がらせとも思える挑発行為が繰り返されています。
海上・陸上においては世界的に見てもかなり上位に入るために「挑発」程度で済んでいますが、航空戦力でみると時代遅れな日本。
現在の主力戦闘機は何とF15Aイーグル。
20年以上前の骨董品である上に、タイプもAというロートル。
いくら中国・韓国の戦闘機が「ハリボテ」と馬鹿にされても、これじゃ舐められて当然ですね。

最新鋭機を投入するには金が無い。
そうお思いでしょうが、実際は逆。
F-15Aのほうが断然コストが高いのです。
現在アメリカの主力戦闘機はF-35ライトニングⅡ。
現在の価格は一機約140億円。
対するF-15並びに、元米主力戦闘機F-14は20年以上前の価格で一機約120億円。
現在配備するとなれば、9億円ほど安い計算になります。

9億円安いと言えども、やはり高い。
ですが、これまでの日本の主力戦闘機はF-4AファントムⅡ→F-15Aイーグル。
時代遅れも甚だしいものです。
一方、中国は旧ソ連のミグ戦闘機を改良した最新型。
造りは悪いようですが、性能の差はどうしようもありません。

どんなに海自が頑張っても、制空権を取られては負けは確定。
太平洋戦争で日本が負けたのもそこ。
哨戒機を飛ばせないのなら、対潜水艦もままならず、頼みの綱のイージス艦も沈められる恐れがあります。

で、この度ようやく機種変更が決定しました。
対象となるのは何と、米主力最新戦闘機F-35ライトニングⅡ!!
ついに日本に小型高性能ステルス機が配備となるわけです。
つか、飛躍しすぎ・・・

まあ、その気になれば三菱のF-2(ブルーインパルス)もかなりの高性能なのですが、日本は軍隊ではないのでそうもいかない。
まあ、妥当な選択ですかねぇ。
私はてっきりF-22ラプターと思っていました。



100517_f-35-formation.jpg
スポンサーサイト
  1. 2014/06/20(金) 12:37:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<集団的自衛権 | ホーム | 困ったもんだねC9>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://atutama01.blog.fc2.com/tb.php/231-e2ba40f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。